乳酸菌革命は飲み方にコツあり!効果的なのはいつ飲むべき?

乳酸菌革命は飲み方にコツあり!効果的なのはいつ飲むべき?

乳酸菌革命は飲み方にコツあり!効果的なのはいつ飲むべき?

 

便秘に悩む人が、増えている現代ではさまざまな対策方法がでています。
乳酸菌革命もその方法の一つになります。
健康食品やサプリメントは、薬ではないのでいつ飲むのが最適というのは決まってはいません。
いつ飲んでもいいということです。いつでも飲めるということは飲み忘れもでてきます。
自分で飲む時間を、決めておくと毎日忘れずに飲むことができます。
生活の習慣に取り入れておくといいです。

 

しかし、同じ飲むのなら体に効果的な飲み方をしたいものです。
乳酸菌は、大腸に届くことでその作用を発揮します。
そのために、胃酸で溶けないように、大腸に届けることが基本です。
乳酸菌革命は、耐酸性カプセルを使用することで、胃酸では溶けず成分を大腸に届けるようにしてあります。
それでも、空腹時よりも満腹時のほうが胃酸の分泌が弱くなります。

 

耐性カプセルを使用していても、空腹時なら若干溶けるという可能性もゼロではありません。
効果的な飲み方のコツは、満腹感がある食後が一番いいです。
胃が満腹になると、胃酸に分泌が弱くなるからです。
最近では、死滅した乳酸菌でも効果はゼロにならないということが判明しています。
それでも、生きた乳酸菌の効果には及ばないことは事実です。

 

乳酸菌革命には、有胞子乳酸菌というものが配合され大腸に届くことで効果がでてきます。
その成分を無駄なく、腸に届けることが便秘解消に役立つことは間違いありません。
胃酸の分泌が、治まるころに飲むのがいいタイミングです。