乳酸菌サプリはいつ飲むのがベスト?効果を最大限引き出す方法とは。

乳酸菌サプリはいつ飲むのがベスト?効果を最大限引き出す方法とは。

乳酸菌サプリはいつ飲むのがベスト?効果を最大限引き出す方法とは。

腸内環境を良くするために必要な1日の乳酸菌摂取量は1兆個とも言われています。
その量は、100gのヨーグルト100個分になります。毎日そんな量を摂取するのは不可能なため、乳酸菌サプリを飲むことで不足分を補いましょう。
乳酸菌サプリには、商品にもよりますが1日分の摂取量で数億〜1兆個もの乳酸菌が含まれているため、食事から摂取した乳酸菌と合わせれば1日の必要量をしっかりと摂取することが可能になります。

 

乳酸菌は体内に入ると、腸に届くまでの間に消化のために分泌される胃酸や胆汁でほとんどが死んでしまいます。
いつ飲むとちゃんと腸まで届いて働いてくれるのかが気になるところです。
一般的に、乳酸菌サプリは腸に届いてからカプセルなどが分解されて働き出すように作られているため、自分のタイミングで飲んでも構いません。
しかし、通常の乳製品に含まれている乳酸菌は食後に飲むことで胃酸や胆汁の働きの影響を受けないと言われているため、それに沿って食後に乳酸菌サプリを飲む人も多くいます。
食後では忘れてしまうから、思い出したときに飲むためいつ飲むタイミングになるかはわからないという場合でも、乳酸菌サプリの場合はさほど気にしなくても良いでしょう。

 

乳酸菌サプリの場合にはいつ飲むのかはさほど重要ではありません。
重要なのは、毎日続けていくことです。腸の中に入った乳酸菌は他の腸内細菌の影響を受け、長くは生き続けることは出来ません。
そのため、毎日乳酸菌を新たに摂取することが重要になるのです。